リハビリテーション科 | 長野病院

長野病院
長野病院TEL 0866-92-2361 (代表)

診療受付時間(月~金) 8:30~12:00 14:00~19:00
(土) 8:30~12:00 14:00~17:00
休診日:日曜、祝日(急患はこの限りではありません)

リハビリテーション科EHABILITATION

リハビリテーション科

リハビリテーションとは、障害を持った人に対して可能な限り援助し、その機能を十分に発揮できて、社会の中で生活できるように、医学的、社会的、教育的、職業的な手法を用いて実行する過程のことです。
当院では患者様それぞれに合わせたリハビリテーションをご提供いたします。
主に理学療法、作業療法がご利用いただけます。
外来で通院されている患者様のリハビリテーションも提供できますのでお気軽にご相談ください。

理学療法

リハビリテーションとは、障害を持った人に対して可能な限り援助し、その機能を十分に発揮できて、社会の中で生活できるように、医学的、社会的、教育的、職業的な手法を用いて実行する過程のことです。
当院では患者様それぞれに合わせたリハビリテーションをご提供いたします。
主に理学療法、作業療法がご利用いただけます。
外来で通院されている患者様のリハビリテーションも提供できますのでお気軽にご相談ください。

理学療法士による歩行訓練

作業療法

作業療法とは身体や精神に障害のある方に対し、主に食事、着替え、トイレ、入浴など、日常生活ができるよう訓練を行うことを言います。 この訓練、治療を行う専門職が作業療法士です。
日常生活に必要な動作を安全かつスムーズに行えるようにリハビリ室や実際の生活場面(病棟)で訓練に取り組みます。

作業療法士による指先の訓練

当院の治療方針

・脳梗塞などの脳血管疾患

発作が起きてから早い段階の患者様:失われた機能の回復訓練を中心に進めます。
発作がおきてから時間が経過している患者様:残っている機能の維持及び改善訓練を行います。
脳梗塞などの脳血管疾患に伴う高次機能障害や認知症の患者様に対して、手作業などを通して機能回復に努めております。

・骨折

電気機器を用いた物理療法と、関節が固まらないようにするための関節可動域訓練と、低下した筋力の回復のための筋力増強訓練を行います。

・腰痛、関節炎

痛みの伴う疾患に対しては物理療法やリラクゼーションを行い、痛みを和らげるとともに、痛みに応じて関節可動域訓練、筋力増強訓練を行います。

・予防

高齢者への転倒防止体操の指導や生活習慣予備軍の方々への予防体操などを行っております。

当院の主な機器

・シーザスハイドラ

マッサージ療法のひとつで、ウォーターベットタイプです。水によるマッサージでリラックス効果が高く、主に腰痛、肩首痛の軽減を図ります。

・パワーリハビリテーション

パワーリハビリテーションとは単に筋力トレーニングをすることではありません。年齢と共に使いにくくなった筋肉を再び動かしやすくし、転倒の防止など、介護予防、介護軽減、自立支援の手法として用いられています。

・低周波治療器

電気刺激により痛みを和らげ、筋肉を動かしやすくしてから運動を行います。

・温熱(ホットパック・マイクロ)

温めることにより痛みを感じにくくし、筋肉やじん帯などの軟部組織の柔軟性を高めてからストレッチなどを行っています。

・牽引療法

寝たまま頸椎牽引で負担のないリラックス治療を行います。